×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コレステロールとは?

コレステロールは不要なものと思われがちですが、ヒトの身体の中で細胞膜に含まれたり、性ホルモンや、副腎皮質ホルモン等ステロイドホルモンの原料になったり、ビタミンD等身体を維持するためになくてはならない脂質成分です。コレステロールは、よく「悪者」扱いされますが、ヒトの身体には絶対に必要なのです。

コレステロールはどうやってつくられるの?

コレステロールは食事からも摂取されますが、じつは肝臓や小腸で合成されている量の方が多いのです。知ってましたか?

コレステロールとリポ蛋白

血液中のコレステロールは単独で存在するのではなく、リポタンパクという形で体の中を移動しています。リポ蛋白は比重によっていくつかの種類にわけられていて、次のようなものがあります。

・カイロミクロン
・VLDL (超低比重リポ蛋白)
・LDL  (低比重リポ蛋白)
・IDL   (中間比重リポ蛋白)
・HDL  (高比重リポ蛋白)

通常 総コレステロールといわれるものは、全てのリポ蛋白中に含まれるコレステロールを指します。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 中性脂肪. All Rights Reserved.