コレステロールの数値が高い?

コレステロールにもたくさんの種類があることがわかりました。
一般的に健康診断などで「コレステロールが高い」といわれるのは「総コレステロール」のことを指します。
総コレステロールの数値が高いからといって、すぐに心配する必要はありません。重要なのは「悪玉コレステロール」といわれるLDLコレステロールの数値です。

悪玉? それとも善玉?

LDLコレステロールはLDL(低比重リポ蛋白)の中に含まれるコレステロールの数値のことを指します。LDLは腸や肝臓から身体の組織や細胞にコレステロールや中性脂肪などを運ぶ役割をしているのです。
つまり、LDLコレステロールが高いということは、血管や身体の組織にコレステロールが過剰に供給されて蓄積してしまうということになります。これが肥満や動脈硬化の原因となるわけです。

ではHDLコレステロールは?

HDL(高比重リポ蛋白)の役割はLDLとは逆に、身体の組織や細胞からコレステ ロールを取り出して肝臓へ運ぶ役割をします。
HDLコレステロールが高いということは、不要なコレステロールを取り除いているということです。ですから善玉コレステロールといわれているのですね。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 中性脂肪. All Rights Reserved.