高コレステロール血症

血液中にコレステロールが必要以上に多く存在する場合を「高コレステロール血症」といいます。高コレステロール血症になると、肥満、動脈硬化、肝障害、糖尿病になる危険性が 高まり、健康を損なう原因になります。

高コレステロール血症の診断基準

高コレステロール血症 ⇒ 総コレステロール値 220 mg/dl以上
高LDLコレステロール血症 ⇒ LDLコレステロール値 140 mg/dl以上
低HDLコレステロール血症 ⇒ HDLコレステロール値 40 mg/dl未満
高トリグリセリド血症 ⇒ トリグリセリド(中性脂肪)値 150 mg/dl以上

HDLコレステロールは一般的に多い方が良いことになっていますが、100を超えるような場合は必ずしも安心できないと言われています。

高コレステロール血症にならないために

何でコレステロールの値が高いといけないのでしょうか?まずここが重要です。コレステロール特に悪玉といわれるLDLコレステロールが高いと、動脈硬化を引き起こしやすいからです。動脈硬化は心筋梗塞や狭心症、脳卒中の原因になります。つまり、LDLコレステロールが高いと、あなたの寿命が縮んでしまう恐れがあるのです。ですから注意が必要なのです。高コレステロール血症の予防は、子供の頃からの食習慣と運動が重要です。あなたの血液  “ドロドロ”?  それとも “サラサラ”?

サイトMENU

Copyright (C) 2007 健康com. All Rights Reserved.